navel_edited.jpg

宿NAVELの学校について

瀬戸内海に浮かぶ小さな離島 小佐木島

人口わずか5名の小佐木島では

ゆっくりとした島時間が流れます。
穏やかな瀬戸内海の自然に癒されながら、

「脱日常」という体験を。

小佐木港.JPG

小佐木島は広島県三原市中心部から南へ約2.7km、瀬戸内海に浮かぶ人口5人の小さな島です。新幹線が停まるJR 三原駅から陸路と船を合わせても20 分足らずで行けるため、「日本一、新幹線駅から近い離島」といわれています。

かつて造船業で栄えた歴史のある小佐木島。大正から昭和初期までは漁船や農船などが建造されており、昭和 30 年代には140 人の住民がこの島で暮らしていました。

DSC00612s.JPG

美しいビーチや四季折々の花々、明治時代に建てられた「小佐木島灯台」、みかんやレモンの柑橘畑など、瀬戸内海・小佐木島ならではの景色をご覧いただけます。

_edited.jpg

宿NAVEL(ネーブル)の学校は、築90年の島の古民家をリノベーションして造られたお宿です。

 

2018年に研修施設としてオープンし、「より多くの方に小佐木島の魅力を知ってもらいたい」という想いから、同年秋から宿として運営しております。

宿に併設しております「ばあちゃん食堂」では、島で釣った新鮮な魚や島のおじいちゃんおばあちゃんが育てた野菜を使い、小佐木島の伝統料理を中心としたお料理を提供しております。

島にはコンビニや自動販売機、Wi-Fiもありません。しかし、魚を釣ったりみかん狩りをしたり、島の海と山の幸を存分に味わったり、ただただ静かにのんびり過ごしたり…など、私のたちの普段の日常に無いものがたくさんあります。

忙しい毎日から解き放たれたい、リフレッシュしたい、豊かな自然と触れ合いたいという方に。
穏やかな瀬戸内海の自然に癒されながら、心をゆるりと解きほぐし、「脱日常」という体験をお楽しみください。